ヘアケア情報

【美容師が徹底解説】髪の毛のダメージの原因とヘアケア方法

ヘアケアで1番大事なのはシャンプーです!

髪の毛は1度痛んでしまうと元に戻るのに時間がかかります。

痛めないようにすることが重要です。

そしてヘアケア商品は『サロン商品だからいい』『市販だから悪い』という訳ではありません。

美容師でも成分を勉強している人は少なく、間違った知識で説明している美容師は少なくありません。

長く美容師の経験があり、多くのヘアケアの資格を取得して、独自に成分を勉強した美容師が『本当にいいシャンプー』を厳選しております。

 

小林 拓矢
小林 拓矢

今回のブログは「髪の毛のダメージの原因とは!?簡単にできるヘアケア4選を解説」ついて書かいて行きますねヽ(´▽`)/

 

  1. 髪のダメージの原因を知りたい
  2. 髪のダメージを改善したい
  3. 髪のダメージの対策を知りたい
  4. 髪のダメージで悩んでいる

 

など、髪のダメージでお悩みの方に最適です♪

では解説していきますねヽ(´▽`)/

 

広告

髪の毛のダメージしている状態

小林 拓矢
小林 拓矢

髪の毛がダメージしているとゆうのは、キューティクルが整っていなかったり、髪の毛に必要な「水分・油分・栄養」がすくないとよゆうことなんです(>人<;)

 

 

カラーやパーマなど、いろいろな事が原因でキューティクルが剥がれたり、栄養や水分が流がれていくと髪の毛がパサパサした状態に、、、

 

さらにキューティクルは髪の毛に艶を出してくれる効果もあるので、キューティクルが剥がれてくると艶もなくなってしまう((((;゚Д゚)))))))

 

ではどうすればいいのか?元に戻せるのか?

 

小林 拓矢
小林 拓矢

髪の毛は一度痛んでしまうと元に戻すことは不可能なんですよ!

なので、傷まない様に工夫するとゆう事が大切♪

髪が痛む原因にはいくつかあるので、それらを気をつけてダメージさせないヘアケアが大事とゆうことですねヽ(´▽`)/

 

広告

髪の毛のダメージの原因を美容師が解説

ゴシゴシ洗ってしまう

髪の毛を痛める原因の一つはシャンプーのやり方です!

 

じゃあシャンプーは毎日しない方がいいのか?

イヤ、毎日シャンプーしない方が髪の毛や頭皮に良くないです!

 

シャンプーは洗い方が大事なんですよヽ(´▽`)/

 

小林 拓矢
小林 拓矢

髪の毛は濡れていると痛みやすく、髪の毛は濡れる事でキューティクルが開いてしまう!

そんな状態で雑に洗ってしまうとボロボロとキューティクルが剥がれてパサパサになってしまうのです(>人<;)

 

なのでシャンプーをする時はゴシゴシ洗うのではなく、優しく洗うのが大事

シャンプーを手のひらで泡立てから髪につけて、地肌を揉みこむように洗いましょう(^O^)

 

シャンプー後もかなり大事で、シャワーで少し流したぐらいでは残って毛穴に詰まってしまう原因に!

なのでしっかりとすすぐ!10分ほど時間をかけてすすぐのが理想なんですが、そんなにできないですよね♪

 

小林 拓矢
小林 拓矢

平均のシャンプー・すすぎの時間は30秒って言われています!

かなり短い、、、なので意識して少しでも長くすすぎをするのが大事なんですヽ(´▽`)/

 

【美容師が教えるカラー色持ち方法】簡単にできる色持ちカラーケア8選【美容師が教えるカラー色持ち方法】簡単にできる色持ちカラーケア8選 今回のブログでは普段から簡単にできる、色持ちアップのやり方です! このブログがみなさんのためになると幸いです(*´∀`)♪...

ドライヤーをしない

髪の毛はちゃんと乾かしていますか?

先ほども言った様に、髪の毛は濡れている時が痛みやすい!

 

時間がかかるから髪の毛を乾かさずに、自然乾燥したりするとパサパサになる原因になるんですよ(>人<;)

 

小林 拓矢
小林 拓矢

さらに、髪の毛がちゃんと乾いてない状態で寝ると、枕なんかの摩擦で髪の毛のキューティクルが剥がれてしまいます!

もっとイヤなのが、頭皮が臭くなる((((;゚Д゚)))))))

 

髪の毛が濡れていると、雑菌が繁殖してかゆくなったり、においの原因になるんですよ!

ドライヤーをしないのは髪の毛にも頭皮にもよくないですね( ̄∇ ̄)

 

【美容師が解説】ドライヤーしない頭皮の生乾き臭。髪・頭皮が臭くなる原因【美容師が解説】ドライヤーしない頭皮の生乾き臭。髪・頭皮が臭くなる原因 今回のブログは「髪の毛をドライヤーしないデメリット」について書きました♪ 自然乾燥は痛むしかなり頭皮が臭くなるので、ぜひ読んでみてくださいね♪( ´▽`)...
【美容師が解説】自分で気が付かない髪の毛の生乾き臭の原因と対策方法【美容師が解説】自分で気が付かない髪の毛の生乾き臭の原因と対策方法 今回のブログは「髪の毛の生乾き臭」についてです( ´ ▽ ` ) 髪の毛の生乾き臭の原因と対策を書いているのでぜひ参考にして下さい!...

熱ダメージ

髪の毛の表面にあるキューティクルは、熱にも弱いんです!

もう凄くデリケートですよね(>人<;)

 

小林 拓矢
小林 拓矢

だからって自然乾燥がいい訳ではないですよ!

自然乾燥で起こるデメリットの方が、ドライヤーの熱ダメージよりも大きいからですヽ(´▽`)/

 

ドライヤーをする時は、少し距離を離して乾かしましょう!だいたい20cmほど離すといいですね♪

 

ドライヤーをする時は、根元→中間→毛先の順番でかわかす方がいいです!

その方が毛先を必要以上に乾かさずにすむんですよ( ´ ▽ ` )

 

小林 拓矢
小林 拓矢

またヘアアイロンなんかも熱ダメージになるので、140〜160℃ぐらいにして、少しでも負担が少ない温度にしましょう♪

ヘアアイロンを使う頻度も減らせるなら減らした方がいいですねヽ(´▽`)/

 

薬剤施術

カラーやパーマなどの薬剤を使う施術も、もちろん痛みます!

薬剤を使う事で髪の毛の中まで浸透させるんですが、その際にキューティクルを開けるんですよ♪

 

そして中から栄養が流れて、キューティクルが剥がれてしまう((((;゚Д゚)))))))

 

けど髪の毛でお洒落したいですよね!

 

出来るだけ髪の毛に優しい薬剤を使ってもらって、トリートメントでヘアケアすることが大事なんですヽ(´▽`)/

 

小林 拓矢
小林 拓矢

では髪の毛を痛めないためにどうすればいいのか?

いくつか解説していきますね!

 

広告

髪の毛のダメージのヘアケア対策と改善方法

シャンプー

美容師さんって毎日シャンプーしていて、手荒れがヒドイ人っていますよね?

そう。シャンプーは洗剤なんです!水分を奪ってカサカサになるんですよ(>人<;)

 

小林 拓矢
小林 拓矢

もちろん美容室のシャンプーは市販のシャンプーよりも髪の毛や肌にいいものを使ってますよ♪

それでも回数を重ねれば手荒れするんですよね、、、

 

では洗浄力が強いシャンプーを使っているとどうなるのか?

たくさん栄養が流れていってしまいますね(>人<;)

 

なので髪の毛と同じ成分のアミノ酸系シャンプーを使って負担を減らすのがいいです♪

 

今は市販のシャンプーでも2000円とかのもありますよね?

 

そんな市販のシャンプーより安くていいアミノ酸シャンプーはたくさんあるので、一度探してみてくださいね♪

 

サロントリートメント

痛んだ髪の毛は元に戻らない!けどダメージを最小限に抑えることはできるんですよヽ(´▽`)/

それがサロントリートメントです♪

 

小林 拓矢
小林 拓矢

サロントリートメントは流れていく栄養を補って、キューティクルを整えてくれるのでサラサラになります!

カラーやパーマをした際はサロントリートメントをする事はかなり大事なんですよ( ´ ▽ ` )

 

キューティクルを整えていないと自宅でいくらケアをしても効果が十分に発揮出来ないんですよ(>人<;)

なのでサロンで髪の毛にあったトリートメントをして、自宅でホームケアをするのがいいとゆう事ですね♪

 

ホームケア

普段のヘアケアはもちろん大事です!

美容室で薬剤を使った際はサロントリートメントでしっかりケア♪

 

けどそれ以外の紫外線やドライヤーからの小さなダメージはホームケアが大事になってくるんですヽ(´▽`)/

 

小林 拓矢
小林 拓矢

ホームケアはサロントリートメントほど栄養が入っていくわけではないですが、手触りや艶を整えてくれるんですよ♪

 

傷んだ髪をカット

一度痛んでしまった髪の毛は元には戻りません(>人<;)

痛んだ状態でそのままにしていても、枝毛が増えたりパサパサの状態のままなんです!

 

小林 拓矢
小林 拓矢

毛先をカットしたり、枝毛を切ったりしてメンテナンスする必要があるとゆうことなんです♪

あまりにもダメージが酷い場合は、ある程度カットして、新しく伸びてきた髪の毛を大切にケアしていくのもありですね( ´ ▽ ` )

 

普段の髪の毛状態がどうなのかがわからない場合は美容師さんと相談して決めましょう!

 

【美容師が解説】枝毛だらけの髪の毛の原因と改善・対処方法【美容師が解説】枝毛だらけの髪の毛の原因と改善・対処方法 今回のブログは「枝毛」について書きました♪ 枝毛はなぜできるのか?改善方法は?など! ぜひ見てみてくださいね♪...
広告

最後に

最後まで読んで頂きありがとうございますヽ(´▽`)/

 

髪の毛はダメージを受けてしまうと、残念ながら元に戻ることはないんです!

けどダメージを最小限に抑えることは出来るし、負担を少なくすることも出来る(*´∀`)♪

 

髪の毛を綺麗に保つために大事なのは「痛まないようにする」とゆうことなんですよ♪

 

小林 拓矢
小林 拓矢

すぐに出来るヘアケアもたくさんあるので、ぜひ実践してみて下さいね♪

 

広告
RELATED POST